【はじめの一歩】第1251話ネタバレ!31.2.6掲載 世界一大切な人…

はじめの一歩
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

【はじめの一歩】第1250話ネタバレ!羽根の階級 31.1.30掲載分
はじめの一歩1250話のネタバレ記事になります。 前回のあらすじは、頭を丸めた一歩に対して、子供の頃好きだったハゲチューを重ねる久美。 そして久美は思わ...

 

 

今回ははじめの一歩1251話のネタバレ記事になります。

前回のあらすじは、宮田が一歩に会うために訪れました。
そして一歩に対して、明確な判断がほぼ不可能なパンチ度ランカーを誰が診断したのか問いました。
その宮田の問いに、何も答えられずうつむいた一歩。

そんな一歩を見て、納得した宮田。
これからは自分で決めた自分の道を歩むと宣言し、去って行きました。

ここからは1251話のネタバレとなります。

 

スポンサーリンク

1.宮田の想いを理解する板垣

 

宮田が去った後、泰平達は宮田が何をしに来たのか板垣に質問します。
板垣は宮田が一歩に対して、色々と確認しに来たのではないかと推測。
今の自分の立ち位置や、これから自分はどうしていくのか決めるために!

時々立ち止まって確認しないと、間違った道に進んでしまうと宮田のことを理解する板垣。
それに対して泰平達は、自分のことは自分で決めろと宮田を馬鹿にします。
宮田を馬鹿にする泰平達に、板垣は2人の関係の複雑さを伝えます。 

 

そんな板垣に、宮田は一歩に会って収穫があったのかと、泰平達は質問します。
パンチドランカーという言葉が聞こえたが、その言葉だけで宮田が一歩に会いに来た理由はわかる。

 

一歩がパンチドランカーでボクシングを辞めたと聞いている泰平達。
それについて、誰がパンチドランカーだと決めたんだと、逆に質問する板垣。
それを宮田も聞きたかったのではないかと推測します。

 

一歩をパンチドランカーと断定した人間が1人もいないから。

その言葉を聞いた泰平達は、一歩が復帰するのを期待します。

しかし一歩はできるできないではなく、やらないと決めていると、板垣は説明します。

やらないと決めたのは、大切な人のためにも、疑惑のうちに身をひくことを決断したんだと。

 

一歩の決断だとわかっていても、戦っている姿が見たかったと思う3人。

 

ただ、世界一大切な人のためなら、英断だったと一歩の決断を尊重する板垣。

そしてこれからどうするのか宮田のことを気にかける。

そんな3人の想いを一変させるかのように、頬を叩き、練習再開と気合いを入れる一歩。

そして4人でロードワークへ。

 

スポンサーリンク

2.船長の一歩

 

一歩が乗り込む釣り船では、遅い時間から入れ食い状態に。
そんな中、釣れていないお客さんに一歩がアドバイスします。
するとそのお客さんが見事に魚を釣り上げます!

 

アドバイスをする一歩を見たお客さんは、もう船長だとな声をかけます。

そして今でもボクシングの練習は続けているのかと質問します。

帽子を深くかぶり、一瞬うつむく一歩。

今は練習生と一緒に体を動かす程度で、釣り船に専念できると笑顔で答えます。

 

世界チャンピオンになることを期待していたから残念だと言うお客さん。
そんな器ではなかったと答え、今は良い時間を過ごしていると一歩が答えます。

 

港では一歩の帰りを待っている泰平達の姿が。
そこに久美が現れ、一緒に一歩の帰りを待つことに。

 

泰平達に一歩の先生ぶりを尋ねる久美。
一歩は素晴らしい先生だと答える2人に、スパーリングはしてない?とさらに質問します。

一歩はパンチドランカーだと断定し、心配する久美。

 

パンチドランカーと断定した人間は1人もいないという板垣の言葉を思い出す泰平達。
ここに断定した人がいると…。

 

スポンサーリンク

3.感想

 

宮田の言葉に対して、理解を示す板垣がすごく大人に見えましたね!

いつもくだらないダジャレを言っている板垣とは思えませんでした(笑)。

その一方で、宮田を馬鹿にする泰平達には、多少怒りも込み上げました。

ただ、一歩のことを考えると、複雑な気持ちにはなりますよね。

パンチドランカーと断定されていなくても、やめると決断した一歩を否定はできませんからね。

ボクシングだけでなく、どのスポーツでも引き際というのは難しいものだと思います。

自分のためでなく、大切な人のために好きなことをやめると決断した一歩には、感心もさせられます。

大切な人の中には、お母さんだけでなく、久美も含まれていると思います。

そんな2人を悲しませるぐらいなら、疑惑の段階でやめるべきだと思ったのでしょう。

宮田が来たことで、一瞬気持ちが揺らいだように見えました。

 

ただ、釣り船で頑張る一歩を見ていたら、決心は固いのかなと改めて感じましたね。

 

あとは自分のために、好きなボクシングをやめる決断をした一歩を見て、お母さんがどう思うかでしょう。
お母さんにとっても、一歩は世界一大切な人のはずですからね!

 

そんな一歩に、好きなボクシングをやめさせたまま、日常を送っていけるのでしょうか?

次回は宮田の気持ちを知った一歩が、今後どうするのか?

本当にこのままボクシングをやめることができるのか?
一歩の気持ちの変化に注目していきたいですね!

コメント