モンキーピーク第96話ネタバレ!…山頂直下② 31.2.8掲載分

モンキーピーク

前回のあらすじ

モンキーピークの前回のあらすじはこちらから。

モンキーピーク95話ネタバレ!…山頂直下①31.2.1掲載分
モンキーピークの第95話である、 山頂直下①について書いていきたいと思います。 モンキーピークの第95話は、 安斎の狂気や、その計画が、 いよいよ怖すぎ...

 

モンキーピークの第96話、
山頂直下②について書いていきたいと思います。

モンキーピークの第96話では、
無線を手にした早乙女たちがついに
助けを呼ぶことができるなど、
内容の濃い話になっているようです。

また、最後には、
恐るべき事実が発覚します…

 

スポンサーリンク

・無線を手にした早乙女たち

断崖絶壁の崖を登り切って、
崖の上で警察の死体を発見した
早乙女たち。

 

その死体についているトランシーバーは、未だ無事で、警察からの呼びかけが聞こえてくるのでした。

班長の佐藤はそんなトランシーバーに駆け寄り、
代表して交信を図ります。

 

すると、
無線の向こう側から
「だれだ?」という声が聞こえてきます。

 

「警察ですよね?助けてください」

と頼み込む佐藤でしたが、
警察はなかなか声を返してきません。
早乙女は、

「警察もこの山で何が起きているか知っていて、疑っているんじゃないですか」

と、的確な意見を言います。

 

「そこを動くな」

という警察の声が聞こえて、

「やっと助けが来るのか…」

と、座り込んで安心する宮田。

「猿が来る。登らなくちゃだめだ」

という意見もありますが、
間違いなく助けが来るのだから、
佐藤はひどく手を痛めており、
ここでこのまま助けが来るのを待とうという決定がされます。

 

安斎が先に進んで行ってしまっては
なにをされるかわからないという不安もありますが、

「安斎とはコーヒーを飲みながら、弁護士同伴で戦えばいい」

と、無事に下山することを最優先にするのでした。

 

スポンサーリンク

・突然すぎる告白

「8年前も俺はここまでしか来られていない。山頂は今回もおあずけか…」

と、物思いに耽っている早乙女。

「腹が減ったな。救助隊はいつくるのか」

という長谷川の声に、林が反応します。

「あの、私みんなに隠していたことがあります」

と、カバンからチョコレートを取り出し、
6粒しかないので、1人ひと粒ずつ配り始めるのでした。

 

急なラッキーな展開に、
みんな嬉しそうな表情を浮かべて、
大切そうにチョコレートを頬張るのでした。

「う、うまい!最高だよ林ちゃん!」

と大喜びの宮田なのでした。

それを聞いた林は、急に、

「喜んでもらえてよかった。毒入りのチョコレート」

と言い放ち、

「私は猿の仲間です」

と、淡々と告白するのでした。

 

 
 
U-NEXT

今回、モンキーピークのネタバレ記事を書きましたが、 省略しているシーンも多々あります。

臨場感の面でも、絵を一緒に見ていただくのが一番です。

 

U-NEXTを使えば、今回の話を収録した

モンキーピークの電子書籍(10巻、2019.5.29発売、91話~100話配信中)

も、無料で読むことができます。

緊迫感を、ぜひ画像つきで読んで楽しんでみてください。 

 

モンキーピーク 10巻を読む!

 

U-NEXTは1ヶ月無料のトライアルをやっていて、600円分のポイントがすぐにもらえるんですよね。

 

実は解約も簡単で、無料トライアル中に解約しても違約金がありません。

なので、一度試しに使ってみるのも面白いかもしれません!

 

※本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

・モンキーピーク第96話…山頂直下②を読んでの感想

崖をやっと登り切って、
警察の服から無線機を手にした早乙女たち。

無線が通じて、怪しまれながらも、
助けに来てくれるという返事を受け取り、
ほっと一安心だというのが正直な感想です。

 

しかし、猿が来てしまうかもしれない、
という危険があります。
この辺りは、リスクの高いスリリングな
決断だという感想を持ちました。

 

しかし、下山できそうな方法を一番に考え、
その場に留まることを決めた一行。
この辺りは、リスクはあるものの、
今できる最良の判断だという感想を持ちました。

 

しかし、配ったチョコレートが毒入りで、自分は猿の仲間だと告げた林。

まさかの展開で、
この後どのようになっていくのか
目が離せないという感想を持ちながら読んでいました。

コメント