【はじめの一歩】第1252話ネタバレ!31.2.13掲載 死神の家系

はじめの一歩
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから。

【はじめの一歩】第1251話ネタバレ!31.2.6掲載 世界一大切な人…
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! 今回ははじめの一歩1251話のネタバレ記事になります。 前回のあらすじは、宮田が一歩に会うた...

 

はじめの一歩1252話のネタバレ記事です。

前回のあらすじは、一歩の元に訪れた宮田。
宮田が聞きたかったのは、一歩のパンチドランカーを誰が診断したのか。

宮田の質問に答えらず、下を向く一歩。
その一歩を見て、答えをもらったと納得する宮田。

そして階級を上げ、自分で決めた道を自分で進むと一歩に宣言し去って行った。

ここからは1252話のネタバレです。

 

スポンサーリンク

1.情緒不安定な久美?!

 

泰平達と一歩の帰りを待っている久美。
うつむいてため息をつきます。

そんな久美を見て、何かあったのか気にする泰平達。
久美に何かあったのか、どちらが聞くか言い合いになります。

遠くを見つめる久美。
可憐でしおらしい久美を見て、自分達は久美のことを誤解しているのでは?

と思う。
ハゲチューの説きは、たまたま不機嫌だっただけだと。

 

一歩が選んだ女性だから、大丈夫だと安心する泰平達。
話しを聞きに行こうと久美の方を見ると…。

久美は表情を変え、座っているビットをかかとで何度も蹴り始めます。
そんな久美に怖れ話しかけられない泰平達。

すると久美が泰平達に「なあに?」と声をかけます。

泰平達はどぎまぎしながら、一歩に大事な来客があったと伝えます。
田宮二郎というスカした奴が来たと。

 

一歩にそんな知り合いがいたか、不思議に思う久美。
大事な来客は東洋の王者だったと伝えます。

それを聞いた久美は、一瞬キョトンとし、その後大声で宮田一郎と叫びます!
そして宮田一郎が、なぜ一歩に会いに来たのか問い詰めます。

そんな久美を怖れる泰平達。

一度気持ちを落ち着かせた久美は、また何かあれば報告してと頼みます。

泰平達は青ざめた表情で、報告すると約束します。

その時、一歩を乗せた船が見え、久美が上機嫌に!

 

スポンサーリンク

2.間柴と遭遇

 

久美がイライラしていて怖かったと、泰平達は一歩に報告します。
久美は優しい人だと、一歩は二人の報告を否定します。

すると一歩は、久美のイライラは今夜行われる間柴の試合があるからかもと予想します。
久美が間柴の妹だと知った泰平達は、久美の怖さは血だと悟ります。

 

そんな三人の前に、間柴が現れます!
話しかける一歩に、間柴が質問します。

寺か?と。

一歩は真面目な顔で違いますと否定。
続けて一歩が、間柴の対戦相手の伊賀は、間柴が指名したのか?と聞きます。
そして伊賀は強敵だと。

 

間柴は一歩に肩をぶつけながら、笑みを浮かべて立ち去ります。
そんな間柴に、伊賀が強いから指名したと、一歩は気持ちを悟ります。

間柴は何も答えてなかったのに、なぜわかるのかと驚く泰平達。
なんとなくだけどわかると答える一歩。

 

スポンサーリンク

3.会場の雰囲気を味わう泰平達

 

会場に入り、目指している場所を泰平達に確認させます。
生の試合の迫力に驚く二人。

メインイベントに進むにつれ、迫力もレベルも上がると一歩が伝えます。

兄貴が笑いものになり、良い思い出がないと泰平がつぶやきます。

そんな泰平に会場は盛り上がっていたか、一歩が尋ねます。
盛り上がっていたならプロだと。

お客さんを楽しませること、また足を運んでくれること。
2つを充たせる選手は少ない。

 

会場を沸かせられる青木は凄いと言われ、誇らしげな顔をする泰平。

メインの挑戦者は、青木が目標とする日本ライト級王者の伊賀忍。
会場のどこかに青木も来ていると一歩が泰平達に話す。
青木は伊賀が勝利するのを祈っていると思う泰平。

 

その頃、青木は伊賀が負けることを祈っていた。
その真意を青木が問われる。

世界ランキングシングルの間柴に勝つと、伊賀が世界ランカーになってしまう。
世界に行かれたら、手が届かなくなると青木が答えます。

 

間柴が伊賀を倒すだろうと木村が言います。
間柴がどんな目的で、伊賀を指名したのかわかるか?と青木が尋ねます。

 

スポンサーリンク

4.感想

 

ハゲチュー事件に続き、今回も久美は怖かったですね。
綺麗なバラには棘があるというのは、まさに今回のことを言うのでは?(笑)

そんな怖ろしい一面を持っている久美を、知らない一歩がちょっとかわいそうな気になりました。
このまま関係が進み、結婚するようなことになれば…。

確実に一歩は尻に敷かれるでしょうね。

そして今回は久美だけでなく、兄の間柴も登場!
いつ見ても、血縁関係にあるとは思えない顔立ちの差ですね(笑)。

 

ただ、性格の怖ろしさは間違いなく血縁関係でしょう。
今回は間柴家の血統の怖ろしさを痛感した回でしたね。

最新話で注目となったのは、久美の怖ろしさだけではなく、間柴に挑戦する伊賀ですよね。

 

青木が目標としているのも伊賀ということで、伊賀がすごくカギを握っている人物に思えてきました。

そして青木が最後に気になる一言を言っていましたよね。
間柴がどんな目的で伊賀を指名したのかと。

 

青木はわかってる風に話していましたが、本当に間柴の気持ちを理解しているのでしょうか?
強いから指名したという以外に、何か目的があるのでしょうか?

次回の最新話では、間柴の目的が注目ポイントになりそうですね!
そして間柴は伊賀を倒すことができるのでしょうか?

コメント