ギフト±第141話「襲撃」ネタバレ!31.2.15掲載

ギフト±
スポンサーリンク

前回のあらすじ

 

前回のあらすじはこちらから!

ギフト±140話ネタバレ!「道理」 31.2.1掲載分
ギフト±の第140話、「…道理」について 書いていきたいと思います。 今回の140話は、 環の隠し物が見つかってしまったり、楊の命が狙われていたり、 ...

 

 

今回は、ギフト±の第141話について、
書いていきたいと思います。

ギフト±の第141話は、
楊がついに暴走します。
そして、その場に向かってはいけないはずの環もその場に向かいます。

中身の濃い141話は、
見逃せない展開になっているようです。

 

 

スポンサーリンク

・楊の暴走

組の者たちに命を狙われていることを知り、
高校に車ごと突っ込んだ楊。

門の近くにいた高校生を轢いて、
周りは騒然とし始めます。
更に、車を降りた楊は拳銃を取り出して、
そこら辺にいた高校生を撃ってしまうのでした。

高校生たちは、
「なにかの撮影?」
「やばくない?テロかなんか?」
などと、SNSなどを使って盛り上がっています。

警察は連絡受けて、
極秋学園に人を向かわせるのでした。

 

桜田は、加藤刑事の居場所を探しますが、
相変わらず不在のようです。
「また大事な時に…これも環ちゃんと関係が?」

などと考えている桜田なのでした。

 

スポンサーリンク

・環は学校へ

楊は極秋学園を襲撃し、
門の近くにいた生徒たちを
撥ねたり、撃ち殺したりしました。

そうしながら、
「2Cの鈴原」
と叫びながら歩き回っている様子が
SNSで拡散されています。

 

しかし、楊の狙いは外れ、
環は車で学校へと送られている途中なのでした。

楊が動いたという噂を聞きつけて、
環を学校へ行かせず、
屋敷に戻すようにと、
運転手のもとに秋光から電話が入っているようです。

 

しかし、その様子を見ていた環は、
「運転手さん屋敷には戻らなくていいから。何日も休みたくないの。このまま学校へ」
と、屋敷には戻ろうとしないのでした…

 

スポンサーリンク

・感想

ここからは、ギフト±の141話を読んでの、
感想について書いていきたいと思います。

俺は龍になるんだ!という叫び声と共に、
極秋学園の門を破って襲撃した楊。

楊は、組の人たちや先生に狙われながらも、
環のことを捕らえて、交渉などに持ち込もうとしているのだろう
という感想を持ちました。

しかし、楊の狙いとは裏腹に、
環は学校には遅れています。

楊の動きを知った加藤や秋光が、
環の車の運転手に電話をしていたシーンは、
どうにか楊に会わせることなく、
穏便に済ませたいのだろうという感想を持ちました。

しかし、何日も学校に行けなかった環は、
屋敷には戻らず学校に向かってくれるように
運転手に頼んでいます。

環の気持ちになれば、
学校に行って、屋敷に閉じ込められている分の
ストレスを発散したいところです。

しかし、学校に行けば、
楊が待ち構えているため、
安全を考えればこのまま引き返して欲しい
という感想を持ちました。

コメント