バキ道第23話ネタバレ! 31.2.21掲載 破邪

バキ道
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

バキ道 第22話 31.2.14掲載 スポーツ紙の反響
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! スポーツ紙の反響 大関がストリートファイト!!? という見出しで、大関が逆落としで宿禰に負...

 

徳川と宿禰との初めての出会い。

徳川は宿禰の圧倒的な握力により、木炭から作られた金剛石を目の当たりにします。

そして、宿禰の修行がどんなものなのか、見せてもらうことになり…

以下、今回のネタバレです。

 

 

スポンサーリンク

宿禰の四股

 

宿禰の行を見せてもらうことになった徳川。
宿禰は、天高く片足を上げ、180度開脚の四股の姿勢になり、そこから全く動きません。

 

修行僧いわく、
体の隅々に気が行き渡るまで宿禰は待っているとのこと。
そして、その姿勢のまま、長い時間が経ちます。

そして、修行僧が近い…と言った瞬間。
鳥達は大量に木々から飛び立ち、そして大地に強烈な四股が踏み降ろされます!
軽くえぐれる大地。

 

修行僧は、これを毎日喰らう大地の邪気も、たまったものではないでしょう、といいます。

修行僧いわく、このあたりの木は樹齢1000年を超えるものもあるが、
第27代、正確には第2代目の守護神である宿禰が大地を祓い清めているというのです。

守護神、という言葉に、神主か何かのことか、という感想が飛び出しますが。
徳川は、宿禰のことを、宿禰の社(もり)を侵すものを阻む守護神なのだと解釈します。

人間、動物、自然

そういった、社を侵そうとするものを破邪する。
それが宿禰だと。

 

スポンサーリンク

宿禰の肉体の秘密

 

しかし、いくら凄い四股だとはいっても、それだけであれ程の肉体が出来上がるものなのか。
疑問も湧き上がります。

徳川はさらに回想を続けます

もう片方の四股が終わった頃。
大地に両足を踏みしめ、宿禰は構えたままじっと動きません。
何だか気を貯めているような様子にも思えます。

そのまま5分、10分、15分…
30分ほど経ったころ。

 

徳川は、修行僧の小池に、あれは一体何をしているのか?とたずねます。

不敵に笑う小池。

そして、あれは、最新にして最古の筋トレなのだと告げます。
じっと前を見据える宿禰。
どういうことか驚いている徳川の表情で、今回のお話は終わりです。

 

スポンサーリンク

感想

徐々に、宿禰の修行方法が明かされてきましたね!
とはいっても、まだ凄い四股をしていることくらいしか掴めていません。

私の予想では、自然界から気を吸収して強くなる、的な修行であの肉体を手に入れているのでは?

と思ったのですが…

真相は次回を見るまでは分かりませんね!

コメント