【ドメスティックな彼女】221話ネタバレ!31.2.27掲載  2人ぼっちの夜

ドメスティックな彼女
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

【ドメスティックな彼女】第220話ネタバレ!31.2.20掲載 夢捨て人
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! ドメスティックな彼女220話のネタバレ記事です。 前回のあらすじは、夏生につきまとう小椋。 ...

 

ドメスティックな彼女221話のネタバレ記事です。

前回のあらすじは、小椋の顔の傷に驚く夏生。
小椋は顔の傷のことを夏生に話します。

子供の頃から雑誌のモデルをやっていた小椋。
夢を叶えるために上京します。

そして念願の雑誌の表紙モデルになることが決定!
モデル仲間からは祝福されます。

楽屋で化粧水をつけると、顔に痛みが…。
誰かに化粧水に劇物を仕込まれていて、顔に傷を負ってしまったと説明します。

小椋を気にする夏生。
しばらくでいいから、泊めて欲しいと夏生に懇願する小椋。

夏生が家に帰ると小椋が料理をしています。
勝手なことをするなと言うが、手料理の美味しさに夏生は驚きます。

早く家を見つけるように、夏生が小椋に言います。
翌日、家を探しに出かける小椋。

寝坊して急ぐ葉月は、男からお金をもらっている小椋を見かけます。

ここからはネタバレ記事です。

 

スポンサーリンク

1.フミヤの合コンの結果

 

ラブコメ的な出会いが良かった?!と大声で夏生が言います。
彼女が欲しいと騒いでいたのに、何贅沢言ってるんだ!と夏生がフミヤに言います。

カラオケに行ってもお金関係の話をずっと葉月がしてくると嘆くフミヤ。
かたや連れて行った友達の方は上手くいったと悔し涙を流します。

自分が夏生なら、今頃小椋と…。
そんなフミヤに今から引き取ってくれてもいいぞと言います。
実家暮らしだから無理だと夏生を責めます。

盛り上げってるところにマスターが現れ、またモテてるの?と聞きます。
いろいろ事情があって、部屋に泊めていると説明します。

自分も事情を作って夏生の家に泊まりに行こうかと夏生を茶化すマスター。
人助けは良いことだけど、同情のし過ぎは要注意だと夏生に忠告します。

 

スポンサーリンク

2.小椋の手料理

 

家に帰ると小椋が生姜焼きを作っています。
嫌いだった?と夏生に聞きます。

好きだけど、彼女もよく作ってくれたから思い出したと答えます。
浮かない表情をみせる夏生に、ティッシュを用意します。
泣かないよとツッコむ夏生。

ハロワに行ったかと夏生が確認します。
3件ぐらい良さそうなのがあったと答えます。

忘れないうちに渡しておくと小椋がお金を出します。
前にやっていたバイトのお金が入ったが、しばらくお世話になりそうだから、そのお礼に!

受け取れないとお金をかえす夏生。
お礼はいいからちゃんと貯めて自活の足しにしろと言います。

それなら今度ご飯を奢ると小椋が言います。
それも夏生は断ります。
何かしないと気が済まないと小椋が続けます。

そして勝手に予定を入れる小椋。
行かないと言う夏生に対して、それでも待ってると小椋は答えます。

演劇用の小道具を制作する夏生。
小椋との食事の時間を気にします。

 

スポンサーリンク

3.小椋と2人での外食

 

待ち合わせに現れた夏生。
やっぱり来てくれたと笑顔で小椋が迎えます。

来るまで待ってるとか脅しだろと夏生がぼやきます。
レストランで食事する2人。

せっかくだから展望台に登ろうと夏生を誘います。
景色を眺める小椋。

百万ドルの夜景は日本円だといくらだろう?と小椋が聞きます。
1億ちょいかなと夏生が答えます。

全部1億で買えるならお値打ちだねと笑いながら小椋が言います。
このキラキラの光の1つになれると思っていたと小椋が昔を思い出します。

夏生になぜ小説を諦めたのか聞きます。
諦めたのではなく、書けなくなったと答えます。

昔から本読むのが好きで、高校の時に賞もらって、初めて単行本も出せた。
だけどそれから書けなくなり、治る保証のないイップスが続いていると夏生が言います。

ガラスに映った2人を見て、空っぽな所が似ているかもと夏生が思います。

落ちたごみを小椋が拾います。
ゴミ箱に投げて一発で入ったら、キスする?と笑顔で小椋が言います。

顔全体で拒否する夏生に謝る小椋。
それなら入ったら、夏生の家を出ていくと小椋が続けます。

小椋がゴミを投げるもはずれます。
ワザとでしょう?という夏生に、バレたと小椋が答えます。

小椋の携帯が鳴ります。
ちょっと出てくると外に向かう小椋。
小椋はそのまま戻って来なかった。

小椋の連絡先を知らなかったと思う夏生は家に帰って寝ます。
朝起きると、昨日はごめんねと書かれたメモが置かれ、小椋は寝ています。

 

スポンサーリンク

4.謎の男性

 

仕事場でたい焼きをもらう陽菜。
食材をたくさん買い込み夏生のアパートを訪れます。

すると夏生の部屋の前に、見知らぬ男性が。
その男は陽菜に小椋海咲の関係者?と聞きます。

 

スポンサーリンク

5.感想

 

フミヤの残念さには本当に同情します(笑)。
ただ、葉月ほどお金に対してストレートに聞けるハートの強さは凄いなと思いました。
2人には春は訪れるのでしょうか?

それにしても毎回マスターのギャップにはやられますね。
そして最後に言うまともなアドバイスが、経験豊富なマスターらしいですよね!
いつかマスターの過去だけで、1話分作ってほしいですね(笑)。

それにしても、壁は作っているものの、徐々に夏生と小椋の関係が違和感なく見えてきました。
受け取っていたお金はバイト代で、それを夏生に渡そうとしたところは意外でしたね。

そして度々見せる乙女チックな小椋に、だんだんハマっていきそうです!
年上らしい強引な所もいいですよね。

結局、優しい夏生は完全に小椋のペースにハマってますからね(笑)。
2人でいるところを見たら、本当のカップルに見えます!

夏生は空っぽな所が似ていると感じてきていますけどね。

意味深なのが、電話が鳴って出ていった小椋が、そのまま戻らなかったこと。
そして夏生の家を訪れた陽菜の前には、小椋の名前を告げる謎の男性が。

これで泊めている友達が、小椋という女性だと陽菜にはバレたことになるでしょう。
まだまだ謎を隠していそうな小椋。

次回の最新話では、かなり荒れた展開になるかもしれないですね!

コメント