キングダム第591話ネタバレ!31.2.28掲載 攻めの飛信隊

スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

キングダム第590話ネタバレ!31.2.21掲載
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! 動けない中央軍 王翦たちは右翼の激しい戦いを遠くから見ながら、まだ朝日が昇ったばかりだぞ会話をし...

 

スポンサーリンク

攻めの飛信隊

信を先頭に飛信隊が勢いよく攻め続けています。
援軍に回ることの多い騎馬隊も、この日は攻めに特化して敵をなぎ倒していきます。
予想以上の活躍に周りが驚いていると、これこそが河了貂の作戦だと話します。
攻めに特化したため、援軍にくる騎馬隊はないとも悟ります。
数少ない援軍に回っている松左は鼻閉を助け、あとは自分で立て直せと告げるとそのまま戦場へと戻ります。
その頃、河了貂は騎馬隊が順調に進軍するもついていけていない隊に気づきます。

そして別の隊に指示を出し、後押しへ回らせることで次々と敵をなぎ倒していきます。
河了貂は超軍は驚いているはずだと話し、この程度の実力だと相手に勘違いさせるんだと続けます。
しかし話を聞いた兵たちは作戦の意図に気づけていないようです。

河了貂は本命が出てきた時こそ相手の読みを超えると宣言すると同時に、後方から信と羌瘣が一気に進軍を始めました。

 

スポンサーリンク

覚悟の番陽

その頃、玉鳳隊でも激しい戦いが広げられていました。
河了貂は昨日の会議を思い出しながら、戦況を見守っています。
番陽たちが趙峩龍以外を全て引き受けると話し合っていたようです。
河了貂は敵の戦力の多さに心配していますが、番陽たちは死力を尽くす覚悟で足止めをするつもりのようです。

「だから必ず趙峩龍を討て!」

番陽の覚悟を受け取った信も真剣な表情で話を聞いています。
場面は戻り、玉鳳は尭雲軍を相手に押されているようです。
しかし番陽は先頭に立ち、矢に討たれながらも果敢に攻めていきます。
そこへ尭雲の側近の精鋭である雷雲がついに登場します。
しかも雷雲の中でもトップである十槍の面々のようです。
十槍は相変わらずの強さで進撃してきますが、番陽たちも必死に立ち向かいます。

その頃、馬南慈の軍では兵たちが回復してきていることを機に万全の状態で攻めこんでくるつもりのようです。
亜光軍も敵の様子を察して迎え撃とうと構えています。

段茶は今日の戦いに後退はないと覚悟を決めて話すと同時に亜光錦が動き出し、馬南慈の所へと行くと伝えます。
亜光錦の行動に周りは驚きますが、命を懸けてかき乱す役を買って出たと悟り誰も止めることはできませんでした。

 

スポンサーリンク

三大天の鉄壁

飛信隊が順調に攻め続けますが、河了貂は未だ信たちを温存しています。
敵の守りにはまだ上があることを読んでいたようです。
峩龍は見くびっていたと話すと、隔砂陣で飛信隊の足を止めると宣言します。

周りの兵たちは隔砂陣ができると士気が上がっているようです。。
峩龍が指示を出すと、勢いよく攻めてきた飛信隊の兵たちを騎馬隊が立ちふさがります。
急に苦戦を始めた飛信隊を見て、河了貂は趙峩龍の盾が出てきたと息をのみます。

そのまま三大天の鉄壁だと説明をしますが、それでも信ならぶち抜けると信頼しています。
ついに信が登場して、苦戦していた騎馬隊を吹き飛ばしていきます。

予想外の展開に趙峩龍は驚きますが、河了貂は狙い通りのようでそのまま首を取れと叫んでいます。

その頃、救助を続ける松左は明らかに助からない味方部隊を発見します。
河了貂に従い、松左は目を逸らしますが干斗たち新人の部隊だと気が付きます。

松左は干斗との会話を思い出すと、明らかにダメだと分かっていながらも救助に向かって行ってしまいます。

 

スポンサーリンク

感想

ついに信が先頭に出てきましたね!
このまま首を取ることはできるのでしょうか。

河了貂の読みの深さも素晴らしいですね。
三大天の鉄壁とまで言うからにはもう一波乱ありそうです。
羌瘣がまだ目立った活躍を見せていないので今後に期待ですね。

 

情に流されてしまった松左たちにも注目です!
信たちの活躍に次回も見逃せません!

コメント