【ドメスティックな彼女】222話ネタバレ!何もない2人

ドメスティックな彼女

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

【ドメスティックな彼女】221話ネタバレ!31.2.27掲載  2人ぼっちの夜
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! ドメスティックな彼女221話のネタバレ記事です。 前回のあらすじは、小椋の顔の傷に驚く夏生。...

 

 

ドメスティックな彼女222話のネタバレ最新記事です。

前回のあらすじは、フミヤの合コンの結果を夏生が聞きます。
夏生を羨ましがるフミヤ。

またモテているのか?と聞くマスターに、事情を説明します。
悪いことではないが、同情のし過ぎには要注意だとマスターが言います。

 

夏生が家に帰ると、バイト代が出たからと小椋からお金を渡されます。
自活のために貯めろと、夏生は返します。

それならご飯を奢ると小椋が言います。
行かないと言う夏生に対して、勝手に予定を入れる小椋。
来るまで待っていると小椋が言います。

 

待ち合わせの場所に現れる夏生。
2人で食事し、展望台へ移動。

 

キレイな光を見て、この1つになれると思っていたと小椋が言います。
ガラスに映る2人を見て、空っぽな所が似ていると夏生が思います。

 

小椋の携帯が鳴り、外に出て行った小椋。
そのまま小椋は戻って来ず、夏生は帰って寝ます。

朝起きると、昨日はごめんねとメモが置かれ、小椋は寝ています。

 

食材を買い込み、夏生のアパートを陽菜が訪れます。
部屋の前には見知らぬ男性が。

声をかけると、小椋の関係者か?と聞かれます。

ここからはネタバレ記事です。

 



1.夏生が気になる陽菜

 

夏生の部屋の前で、見知らぬ男性から小椋海咲の関係者か?と聞かれる陽菜。
その人が誰で、この部屋に関係があるのか?

と陽菜が尋ねます。

 

ここじゃないのかよとブツブツ言いながら、階段を降り始める男性。
小椋海咲が誰なのか再度尋ねる陽菜。
男性は何も答えることなく立ち去ります。

 

後日、ジムでマスターと一緒にトレーニングする陽菜。
どう思ったかマスターに陽菜が尋ねます。

部屋の前にいた男性のことなのか、夏生が助成を泊めていたことなのかどっち?とマスターが聞きます。
両方と陽菜が答えます。

 

直接聞けばとマスターが陽菜に言います。
泊めてるのが女性だってことを隠してたから、聞くのが怖いと切ない表情を浮かべる陽菜。

 

女の顔になってめんどくさいとマスターが呆れます。
それよりもその女性の正体の方が問題だと言います。

ガラの悪い男が名指しで訪ねてくるのは、何かトラブルを抱えている可能性が高いはず。 

夏生のところに泊まっている事情も気になるとマスターが言います。

しばらくはしっかりと見ていた方がいいと陽菜にアドバイスします!

 

2.揺れる夏生の気持ち

 

バイトの面接の練習をする夏生と小椋。
小椋の適当な答えに対して、働く気あるのかと夏生がツッコミます。

 

電気を消し、布団に入る2人。
起きてる?と夏生に声をかける小椋。

起きてると答える夏生。
大学出たらどうするの?と小椋が尋ねます。

 

まだ何も考えていない、俺には何もないと思い詰めた顔で答えます。
そんな夏生に対して、オーロラを見に行かないか?と小椋が言います。

 

何もない同士2人で、今までのこと全部捨てて遠くに行こうと。
それで何も考えず、オーロラを見て過ごすと小椋が語ります。

 

目を瞑り、2人でオーロラを見ているシーンを思い浮かべる夏生。
そして、それもいいかもと答えます。

陽菜とカフェで話しをする夏生。
春休みだからもっと帰ってこいって、お父さんが言っていると伝えます。

 

知り合いを泊めていることを家族に言った?と陽菜に聞きます。
言ってないけど、言わない方がいい?と陽菜が聞き返します。

 

心配かけたくないから言わなくていいと夏生が言います。
そんな夏生に相談とかない?と陽菜が尋ねます。

元気がないし、一人で抱え込んでいないか心配。
前に、辛くなったらいつでも言ってと夏生に言われたのが、すごく救われたと陽菜が言います。

 

だから夏生も不安や愚痴があったら、何でも話してほしい!
夏生はたった一人の…。

見つめ合う夏生と陽菜。
大切な義弟だからと、夏生の手を取ります。
そんな陽菜に対して、顔を赤らめる夏生。

 

3.小椋の抱えているもの

 

オーロラツアーの旅行案内を見る小椋。
歩いていると、発売されたばかりのファッションモデルが表紙となった雑誌を見かけます。

部屋でシャワーを浴びる夏生。
そこに酔った小椋が勝手に入ってきます。

戸惑う夏生に対し、服を脱ぎ一緒に入ろうとする小椋。
夏生にちょっかいを出す小椋。

ふざけるなと夏生が怒ります!
そして小椋が望むようなことをして、それで埋まることがあるのか?と尋ねます。

 

今が少しでも楽しくなればいいと答える小椋。
小椋の様子がおかしくなり、顔色の悪い小椋を夏生が心配します。

突然、トイレに向かい嘔吐する小椋。

そのまま倒れて眠ってしまいます。

小椋が目を覚ますと、夏生が声をかけます。
ベッドを貸してくれたんだと言う小椋に、今だけ特別だと夏生が言います。

 

酔って帰ってきて倒れたけど覚えているか?と夏生が尋ねます。
うっすらと覚えていると小椋が答えます。

病院行けよとタクシーを呼ぼうとする夏生。
そんな夏生に病院は行きたくないと表情を一変させ取り乱す小椋。

初めて見る小椋の態度に、驚きを隠せない夏生。

 

4.感想

 

どんどんいろんな展開が増えていき、予想も想像も追いつかなくなってきましたね(笑)。
ただ、今回わかったこととしては、やはり小椋はまだ何か隠しているということですね。

なぜなら、病院の話を夏生がした時に、病院はダメだと取り乱しましたからね。

これはあくまでも予想ですが、実は小椋は妊娠してるのではないでしょうか?
酔って吐いたように見えますが、つわりならつじつまが合いますからね。

そして陽菜が出会った男性が前の同居人で、お腹の子供の父親なのでは?
ただ、もしそうならなぜ出てきたのかが、まだ謎ですよね。

このあたりが次回の最新話で少しずつわかっていくのではないでしょうか?

そして夏生が女性を泊めていることが気になり始めた陽菜。
夏生に想いを伝えそうになるも、なんとか踏みとどまった感じでしたよね。

個人的には、陽菜と夏生がくっついてほしいのですが、そう単純にはいきそうにないですね。

まだまだひと波乱もふた波乱もありそうな感じですね!
次回の最新話が今から待ち遠しいです。

コメント