【ブルーロック】30話ネタバレ!極限の熱狂

ブルーロック

ブルーロック30話のネタバレ最新記事です。

前回のあらすじは、蜂楽のゴールで息を吹き返したチームZ。
必要なのは個の進化だと考えます。

玲王を止めるために、雷市にマンツーマンで付くよう潔が指示を出します。
必死でマークにつく雷市を嫌がり、斬鉄にパスを出す玲王。

千切が斬鉄のマークに付きます。
加速した斬鉄に置いていかれる千切。

やられっぱなしで終われるかと、必死に足を伸ばし、センタリングを足に当てます。
ボールが逸れるも、凪がトラップし反転シュート!

凪のシュートをイガグリが顔面でブロック。
そのボールを蜂楽が拾い、國神にパス。

射程距離に少し遠い國神がシュートを打つか迷います。
スーパーヒーローになるんだろ?と潔が國神に声をかけます。

國神が左足でロングシュートを放ちます。
キーパー正面かと思ったボールは、無回転シュートで揺れながら落ちます。

キーパーのパンチングをすり抜けたボールが、ゴールに突き刺さります!

ここからはネタバレ記事です。

 

スポンサーリンク

1.ロッカールーム

 

前半終了。
得点は3-2でチームVが1点リード。

ハイタッチを交わす國神とイガグリ。
無回転ミドルがあるなら先に言えと國神に言います。

俺もビビったと國神が答えます。
射程28m外だと、力んでフカすからフカさないようにミートだけに集中したと。
そしたら新しい俺のゴールの感覚を掴んだかもしれないと言います。

蜂楽の時と同じだと潔が思います。
自分のできることの先にしか、エゴの進化はないのかもしれないと考えます。

 

自分にできることは何だ?
空間認識能力?走り続けること?
これが最後の戦いになるのなら、新しい自分を試したいと潔は考えます。

 

5バックはハマってるから、後半も全員が100%以上で戦おう!
泣いても笑ってもあと45分だと気合を入れます。

あと1点で追いつき、そして逆転!
勝つのはチームZだと盛り上がります。

 

静かに勝つのはチームVだと玲王が言います。
引いてカウンターのみだから、それに合わせて作戦を変更すると伝えます。

バカと言われ怒る斬鉄。
俺達が負けるわけがないと凪に声をかける玲王。

 

スポンサーリンク

2.絵心の考え

 

後半開始。
潔から國神にボールが渡ります。

ゴールまで距離があるため、シュートではなく蜂楽にパスします。
パスを受けた蜂楽はすぐに我牙丸にパス。

予想外のタイミングのパスにとまどう我牙丸。
ボールを追い越してしまった我牙丸は、スコーピオンシュート!

ゴールラインを割る直前で、斬鉄がヘディングでクリア。
こぼれ球を潔が拾います。

 

ゴールまで22、23m。
この距離なら自分のシュート力でも届くと判断し、シュートを狙いに行きます。

DFに寄せられ、シュートコースを防がれます。
ボールキープしていた潔の背後から、相手DFがボールを奪います。

雷市がヘタクソと潔を罵ります。
謝る潔。

そして何が足りないのか考えます。

自分の能力にないものを考える潔は、ないものねだりをしても仕方ないと気付きます。
進化のヒントは自分の中にしかないと。

 

そんな潔に凪が全然ダメじゃんと声をかけます。
そして潔のプレーには無駄が多いと言います。

自分が潔達ぐらいの才能なら、サッカーなんて辞めてると凪が言います。
何がそこまで突き動かすの?と潔に尋ねます。

 

うるさいよ天才、今いいトコなんだと怒りを露わにする潔。
そして走り出します。

カウンターを仕掛けようとする玲王。
行かせないとマークにつく雷市。  

思っていた通りになったと絵心に声をかけるアンリ。
勝つか負けるかの極限状態の中でしか、エゴは育たないと絵心が答えます。
死線を越えるためにストライカーは進化をしていかないといけないと。

 

自分が観たかったのはこんなシーンだと絵心が真剣な表情で語ります。
そして潔達に覚醒の時間だと言います。

凪の無駄が多いという言葉で、何か思いついた潔。

 

スポンサーリンク

3.感想

 

極限状態の中、蜂楽と國神は進化を遂げました。
そのおかげで、チームZは息を吹き返し、モチベーションもMAX状態。

そんな中、もがいているのが潔ですよね。
自分の武器をどう進化させたらいいか悩んでいる潔には、プレーに迷いが出ています。

ただ、凪の無駄が多いという言葉で、何かしら気付いた様子の潔。
次回の最新話では、ついに潔のエゴも進化を見せるのでしょうか?

 

それにしてもこの極限状態を作り出すために、ここまで追い込む絵心には驚かされますね。
ここまで追い込まれないと、人間は変わることができないということなのでしょうか?

ここまで追い込まれても変われなかった大半の人間は、蹴落とされることになるのでしょうね。
改めて勝負の世界の厳しさを、痛感させられたような気がしました。

潔は蹴落とされないために、自分のエゴを進化させられるのでしょうか?

そして潔のエゴの進化とは、一体どんな形なのでしょうか?

最新話が楽しみですね!

コメント