「童子軍鑑」第12話ネタバレ 31.3.21 掲載 イーストガーデン8

童子軍艦
スポンサーリンク

・前回のあらすじ

「童子軍鑑」第11話ネタバレ 31.3.14 掲載 イーストガーデン7
・前回のあらすじ 反帝国のへダークエルフたちが攻めてきました。 王子のマルクは迎え撃とうとしますが、フェイは逃げるように指示をします。 フェイは冷...

王子のマルクたちは帝国軍を迎え撃とうとしますが、フェイ助言で逃げることを決意します。
辛辣な想いで脱出するマルクたちを民は大歓声で見送ります。

 

スポンサーリンク

・ノームとしての信用

マルクは走りながら、亡くなった父の無念を晴らそうと決意しています。
そのまま助けに来てくれた兵にお礼を伝えて城を脱出していきます。
しかしまだ広場を出ただけだからと油断もしていません。
マルクと馴れ馴れしく話すフェイに、側近のダニオロは怒っているようです。

ダニオロはフェイを信用していないと話し、信用するに足るものが足りないと厳しい口調で批判します。
しかしフェイは冷静にアンタの言う通りだ、同行を許してくれただけマシだと返答します。
全く怒らずに会話を続けるフェイに周りの人々も驚いています。
ナギは動じないフェイから心情を察して、ノームは辛い一族だと感じています。

そのまま城内を走っていると、敵兵が現れて先頭の仲間たちが倒されていきます。
フェイが敵兵の動きの速さに驚いていると、やられそうになるフェイをダニオロが助けます。

「ノームを信用したわけではないが、子供を死なすわけにもいくまい」
ダニオロが背中を見せたままフェイを守っていきます。

 

スポンサーリンク

・脱出路

マルクたちは走りながら脱出の経路を会議しています。
イーストガーデンは海に囲まれている国のため、脱出も大変のようです。
まず敵が攻めてきた橋は使えず、有事の際の脱出路も読まれている可能性が高いと考えます。
場面は変わり、帝国軍もフェイたちの脱出路を予想しています。
唯一の場所は港と考えているはずと読み、先回りして船を燃やしていたようです。
さらに1隻だけ残し、そこへ尖兵としてゴブリンを送り込んでいると続けます。

帝国の軍師は周りの兵たちも意地悪なお方だと話すほど先読みに長けているようです。
そこへ伝令がマルクたちの様子を報告に来ます。
しかし港とは逆方向の蒸気塔へと向かっていると報告すると、皆が一斉にキョトンとしてしまいます。
籠城でもするつもりでしょうかと話していると、軍師だけがまさかと勘づきます。

マルクたちが走っているシーンに戻り、フェイが策ならあるぞと明るい表情で話している場面で終わります。

 

スポンサーリンク

・感想

イーストガーデンの脱出もいよいよ終盤ですね!
ノームとしての苦労も考えさせられる話しでした。
フェイの知恵で切れ者軍師を欺くことができるのか次回も注目です!

コメント