ガンニバル第2話ネタバレ!熊狩り

ガンニバル
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

ガンニバル1話ネタバレ。供花村での日々のはじまり
ガンニバル、というその名前は、おそらく、あの人を食べる映画のハンニバル・レクターからきているのでしょうか。 作者の二宮正明氏は、前作で鳥葬のバベルという、...

 

スポンサーリンク

宴の終わり

恵介、と呼ばれる金髪黒キャプの男。

この村の人が人を喰ってるだなんてまさかね

と大悟が言ってしまったがために、恵介に鬼気迫る表情で睨みつけられます。

しかし、次の瞬間。

 

そんなわけあるか!
イカれた男の妄言だ!

と笑い飛ばします。

 

そして、明日はばあちゃんを食った熊を倒す日だ、死なないように気をつけろ、と大悟に言ってきます。

熊だけじゃなくお前たちにも気をつけたほうがよさそうだ、と大悟は思うのでした。

帰宅すると、有希が玄関でうなだれています。
そして、柱で見つけた
「逃ゲロ」の文字について伝えるのでした。

ましろが家出をしていた、という話も出たのですが、ましろはあまり遠くへは行っていなかったようで、
すぐに見つかり、家の布団ですやすやと寝ていました。

ましろは大悟の帰宅に気づき、握りしめていた何かを嬉しそうに大悟に渡すのでした。

 

スポンサーリンク

熊狩りの日

翌日朝。
恵介の父は、供花村の村長。
猟友会のメンバー+大悟を集め、熊狩りの朝礼を行います。
目標は片耳の欠けた熊。

さっそく大悟たちは入山しますが、大悟ともう一人、恵介の弟である洋介がさっそくへばってしまいます。

すると、恵介のもとに、クマの足跡を見つけたとトランシーバーに連絡が入ります。
そして近くのフンには、人の髪の毛が混じっているとも。

急いで駆けつける恵介たち。
大悟と洋介は、大男の岩男の誘導でついて来るよう指示されますが、
早すぎてあっという間に取り残されてしまいます。

大悟は1人だけに。
大悟は誰に携帯で連絡するか考え、解剖医の中村に電話します。

中村は電話に出ると、今朝届けてもらったものについて、結果が分かりましたよ、と言いました。

それは、ましろから渡された、人のちぎれた指でした。
この指は、後藤さんのものではない、と。

 

それでは、一体誰の指なのか?

逃ゲロ。
という柱の文字が頭に浮かんだその瞬間、
何者かが大悟を猟銃でズダン、
と撃ってきたのでした。

 

 

U-NEXT

今回、ガンニバル第2話のネタバレを書いていきましたが、 省略しているシーンも多々あります。

臨場感の面でも、絵を一緒に見ていただくのが一番かもしれませんね。

 

U-NEXTを使えば、今回の話を収録したガンニバルの第1巻の電子書籍も、無料で読むことができます。

緊迫感を、ぜひ画像つきで読んで楽しんでみてください。 

 

ガンニバル1巻をU-NEXTで読む!

 

U-NEXTは1ヶ月無料のトライアルをやっていて、600円分のポイントがすぐにもらえるんですよね。

 

実は解約も簡単で、無料トライアル中に解約しても違約金がありません。

なので、一度試しに使ってみるのも面白いかもしれません!

 

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

感想

指を嬉しそうに握ってましろちゃんも、ちょっと怖いですよね。

子どもだから、まだ何なのかよく分からなかったのかもしれないですが。

 

それと、恵介。

冗談で笑い飛ばそうとしている感じが、真実っぽくて怖い感じがしますよね。

コメント