ガンニバル第23話ネタバレ。阿川の決断

ガンニバル
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

ガンニバル第22話ネタバレ 阿川にかかってきた電話の正体とは
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! 今回は、ガンニバルの第22話について、書いていきたいと思います。 ガンニバルの第22話では、 ...

 

今回は、ガンニバルの第23話について書いていきたいと思います。

ガンニバルの第23話は、
前回ある男によって明かされた、
供花村の疑惑に対して、
阿川がある決断をする回になっています。

 

しかし、最後には、
そんな阿川の決定に対して、
供花村らしい怖さが露呈して…
などと、供花村の恐ろしさが更に感じられる
1話になっているようです。

 

スポンサーリンク

・ある男の話

阿川を呼び出した男は、
自分が食べられるに至った経緯を話します。

 

その男の幼少期。
供花村では最も盛り上がりを見せる祭りの日、
白い被り物をした男が、
幼かった自分に襲い掛かってきたというのでした。

周りの老人たちからは、
不気味な笑い声が上がっていて、
恐ろしい雰囲気の宴の中で、
被り物をした男に顔面を食べられたと言います…

 

意識が戻った後は、
母親と一緒に、誰にも見つからないように
ひっそりと暮らしてきたというその男。

そして、そののちに、
自分には戸籍がないことを知ったと言います。

そして、
「供花村は、食べる為の人間を生み出しているのでは」
という衝撃の発言をするのでした…

 

自分の母親は去年亡くなるまで、
全く村のことを明かしてくれなかったという男。
しかし、村の真実を解き明かしたいと、狩野さんに近づいたと言います。

 

なんでそんな話をするのに今現れたのか問いただす阿川。
そんな阿川に対して、
「「そろそろ村の祭りがありますよね」
と言い残していく男なのでした…

 

スポンサーリンク

・阿川のある決断

阿川はそんな男からの暴露に対して、全てを信じられるわけではないと感じています。

しかし、たしかに疑わしい点があるのは事実だし、

もし本当の話だとすれば、動くしかない…
と感じているのでした。

しかし、その時に浮かんでくるのが、
自分の家族である、有希とましろ。
自分が謎を追いかけた結果、
2人に恐怖を近づける訳にはいかないと考えます。

 

そして、最終的には、
村人にも、家族にも、誰にも悟られないように捜査していこうと決めるのでした。

 

そんな中で、供花村では祭りの準備が進んでいます。
そして、有希が準備に参加していると、
さぶさんが、
「旦那遅いやないか」
と言ってきます。

 

そこに、男と別れて、合流した阿川。
「なんで遅くなった」
と聞かれて、
「ただの仕事ですよ」
と笑ってごまかしますが、

ある村人から、
「誰かから電話が来た途端に急いでどこかに向かったのを見た」
と言われてしまします。

すると、
「誰からの電話だったんだ?」
と、恐ろしいぐらいしつこく質問されてしまうのでした…

 

スポンサーリンク

・感想

ガンニバルの第23話は、
供花村の恐ろしさがただただ伝わる回だと思いました。
阿川は秘密で調査を進めていきたいものの、
少しでも不審な動きをすれば、
監視してくる村人たち…

 

どうしようもないように思われますが、
このままにしておくわけにもいかず、
今後の阿川の動き方が見ものだと感じました。

コメント