あおざくら防衛大学校物語、第130話ネタバレ:新年の誓い

 

 

 



前回のあらすじ

あおざくら防衛大学校物語第129話ネタバレ:本当の気持ち 
今回は第129話のネタバレ記事です。 今週のあおざくらは実家に帰った近藤の話! 実家に帰るってことは……w 内容は明日読んでみてねw#あおざくら ...

 

帰省せず一人で過ごすと言う土方を、近藤は実家に誘うが、結局断られる。
しかし、「年末年始はオレなんか気にせず、自分の家族を大切にしろ。」と言って去っていく姿に、近藤は土方の変化を感じた。

土方と別れ、一人で実家に帰省する近藤。
クリダンでキスをされたことから、松井の気持ちに気づいたものの、彼女とどんな顔をして会えばいいのかと頭を悩ます。
実家にて、さっそく遭遇した松井に近藤が出した答えは、
「今は恋愛にまで頭が回らない。」
というものであったが、松井は近藤の変化を感じ、この返事を前向きに受け取ることにした。 

 

1.近藤の帰省

いつも通り起床した近藤。
実家にいても防衛大学での生活が染みついているらしく、キビキビと動いていた。
以前の近藤とは人が変わったようで、戸惑いを隠せない。

そんな近藤家族に、松井は「大事なことはキッパリ言い切って誤魔化せない・・・根本の部分は何も変わらない、勇美君ですから!」と言って安心させる。

二人きりになった近藤と松井の話題はお互いの大学について。
近藤は松井の大学の授業の内容を知りたがる中、松井は乙女のことが気になる様子で探りを入れてしまう。

 

2.乙女の帰省

 


↑松井もあまりのかわいさについ写真にとってしまった儀仗隊での乙女。

凛々しい乙女と近藤が表紙の11巻です。

 

 

地元に帰省した乙女。
気を張っていた生活から一転、実家ではのんびりと過ごしていた。

離婚して離れ離れに暮らすことになった子供たち、乙女と坂木のことを母親は気にしていたが、乙女から坂木が元気にやっていると聞いてひと安心する。

母親が今度は乙女の大学生活について聞くと、
乙女は「みんな夢に向かって頑張っている。」と答える。
そんな彼女に母親が、自分の目標は見つかったのか尋ねると、
「人が夢になることもあるじゃないか。」という近藤の言葉を思い出した乙女は、
「なりたい人がいる。それを目指して後期も頑張る!」と答えた。 

 

3.新年の誓い

年末に「来年からはメールを放置しません!」と松井に誓わされた近藤。
年も明けた新年。
松井と誓ってそうそう、大学の仲間たちからたくさんの「あけましておめでとう」メールが届いていた。

一生懸命返信を返しながら、みんなからのメッセージをみて、今まで以上に頑張ろうと気持ちを新たにする近藤であった。

 

感想

まず、坂木のLINEのアイコンについて突っ込まざるをえない。
背中の筋肉か!
坂木ファンをざわつかせること間違いなしの一コマでした。

兄に対する憧れで防衛大に入学した乙女。
夢がないという彼女に「自分の進路になるほどの憧れる人は簡単には現われない。」と、
憧れの気持ちを否定しないままアドバイスをする近藤。
このシーンは乙女の中で何度もプレイバックされていますが、それだけ乙女にとって大事な出来事なんですよね。

ぜったい次から乙女ちゃんのターンがくるよなーと感じさせる回でした。

コメント