五等分の花嫁、82話ネタバレ。少年マガジン4/17発売

五等分の花嫁
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

五等分の花嫁81話ネタバレ!少年マガジン4/10発売
前回のあらすじ 前回のあらすじはこちらから! 前回に続き修学旅行が舞台です。 修学旅行中、三玖に成りすました一花が風太郎に近づこうと考えます。 ...

修学旅行2日目です。五月と四葉は、清水寺から京都を一望していました。

そこへ風太郎が現れます。2日目は五月と四葉だけの行動。

三玖は体調不良でホテルで休養。一花と二乃は他の友達と京都見物中。

五月は風太郎とここでツーショット写真を撮ろうと提案する。

五月は5年前のことを風太郎に思い出させようと写真を撮りたいと提案します。

そしてツーショット写真を撮る。

 

風太郎は5年前に好きになった女の子は5つのお守りを買ったのを思い出した。

二乃は、三玖に変装して休養している三玖の部屋に潜入した。目的は三玖を元気つけるためなんです。

姉妹愛っていいですね。

そして場面が変わり一花は、五月達から風太郎を強引に引き離し連れ出し、さて今回は何をするのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

修学旅行2日目、五月と四葉は、一緒に清水寺へきて舞台から京都を一望していた。

京都を一望しながら喜ぶ二人の前に風太郎が現れる。風太郎は騒ぐ二人に注意して、他の姉妹はどこかと聞く。

三玖は体調が悪くホテルで休養中。

一花と二乃は他の友達と京都観光をしている最中。

 

説明を受けていつも騒がしい5つ子が全員いないのはなんか寂しいと呟く。

 

五月はたまに5人でなくてもいいでしょと言う。

清水寺は京都が一望できる高い場所にあり高いところが苦手な人には少し怖い場所である。

五月は風太郎にあまり景色を見ないので高いところが怖いんでしょうと言い、風太郎も五月にお前こそ怖いんだろうといつものいい合いが始まります。

そして五月は、風太郎にツーショット写真を撮りたいとねだる。

言い争いをしていたのに突然の五月の申し出に照れる風太郎だが五月は風太郎の腕をつかんでツーショットを取る。

五月は5年前のことを風太郎に思い出させようと大胆な行動に出たのである。

 

風太郎は一緒に写真を撮りながら確か5年目前に同じ場所で写真をとりその彼女は5つお守りを購入したのを思い出します。

五月は風太郎になにか思い出したか問いかけます。
場面はかわり、みんなが宿泊しているホテル。

二乃は三玖に変装してホテルに戻って来て待機している先生に三玖だと説明して部屋に戻る。

 

部屋にはふさぎ込んだ三玖が部屋におり二乃は変装を解いて話し出す。

二乃は、少し話したくって来ちゃったと言う。

 

三玖は、そんな二乃に対して一花が仕掛けた変装に傷ついてふさぎ込んでいると思われたくなく同情なんて必要ないと強く言う。

二乃は、同情でここに来たんではない、むしろライバルが減ってよかったと思っているという。

二乃は私が風太郎と付き合うけどイイネと念を押す。

風太郎を好きになったのは三玖が先だけど本気で私は風太郎が好きになったと話す。

それを聞いた三玖は自分も本気であきらめたくないと呟く。

 

スポンサーリンク

三玖の気持ち

 

しかし、三玖は自分に自信がなく告白したが不発に終わりふさぎ込んでいるのだ。

行動力があってかわいい二乃、一花の方が自分より絶対上だと思い込んでいる。

五つ子なんだしそんなに大差はないのに自分の思い込みあきらめようとしているのだ。

一花は精いっぱいいろんな手段を使って風太郎にアプローチをしており二乃も同様だ。

 

誰も悪くないと言いながら三玖は、話すうちになにか吹っ切れたような気がした。
それにきずいた二乃は、部屋から出ていった。

二乃は結局励ましてくれたのだ。

 

場面は、変わり清水寺。

 

五月は、せっかく風太郎とツーショットを撮ったが、お守りを見ている間に風太郎とはぐれてしまい落ち込む。

風太郎は三玖に変装した一花に強引に清水寺から連れ出されたのである。
一花は風太郎を強引に誘い5年前の写真を使って何とか気持ちを自分に向けようとしているのだ。

 

スポンサーリンク

感想

修学旅行二日目の話ですが、5つ子がそれぞれ別に行動をとって風太郎にアプローチする場面がありましたね。
五月、一花なかなか積極的ですよね。風太郎は誰に気持ちが移るのか見ものですね。
しかし、風太郎もこの強引な誘いは、三玖でなく一花だとわかっているかもしれないですね。
また、二乃と三玖の姉妹愛がなんかすごくいいですよね。
単にかわいそうだと言うのでなくライバルとして認めた上で落ち込んでないで勝負しようという二乃がすごくいいですよね。
なんか二乃を見直しました。

コメント