君は008、第59話ネタバレ: 中間考査  週刊サンデー23号5/8発売より

 

 

スポンサーリンク

前回のあらすじ

あおざくら防衛大学校物語、第132話ネタバレ:土方とカツ丼
週刊サンデー21.22号 4/24発売 #少年サンデー 21・22号 #あおざくら :>机を占領されてる - こたつでも勉強はできますよ? むしろこたつの...

チームの成績が発表され、最下位であったエイトたち「デルタ3」。
チームとしてのバランスの悪さが「デルタ3」の問題であるようだ。
悩むエイトに、怪人がいよいよ始まる中間考査のアドバイスをしようとするが、それを拒むエイト。
学校である以上は自分の力でやりたいとと答えるエイトに、怪人は「かなりの確率で死者が出るのが中間考査だ。」と不穏な発言を残す。

 

スポンサーリンク

1.中間考査

いよいよ始まった中間考査。
ルールは
チームに3枚ずつ配られたコインを奪い合うこと
②生徒の行動範囲は中野区内のみ
③考査の期間は7日間

より多くコインを集めたチームが勝者であり、期間終了時にコイン所持数が0枚のチームは無条件で退学となる。
そして、退学者は記憶が消去されることになる。

 

スポンサーリンク

2.ハンデ

「検討を祈る!」
という校長の言葉を最後に、街中に放り出された生徒たち。
心の準備の出来ていないエイトたち「デルタ3」に対し、早速狙撃してくる他の生徒。
ガジェットなどの武器の持ち込みが許可されているとは聞いていなかったエイトたちは、他のチームとの事前情報の差に違和感を覚えていた。

実は担任がそれぞれのチームのサポートをすることになっていたのだが、「デルタ3」はアイスマン先生が優れた分析官であったため、情報は聞かれなければ教えないなどのハンデがとられていたのだ。

その上、現役の諜報員であるあやめのことも考慮して、「デルタ3」にはコインが2枚しか配られず、かつあやめにコインを守ってもらうことも禁止するというハンデも課されていた。

 

スポンサーリンク

3.襲撃

 

開始早々襲撃されたのは街中に制服でいたためではないかと考えたエイトたち。
諜報員端末から服データをダウンロードすると、制服が変形して一瞬で変装が完了。
気合いを入れ直したところを、さっそく敵チームに発見されてしまう。
発砲してくる女生徒にタイブレードで応戦するあやめ。

一方、上からはファンデルシューズを履いた男子生徒が迫ってきていた。
建物の壁を駆け下りてくると、一気にエイト襲いかかってくる。

エイトを助けようした野原の隙をついて、もう一人いた敵の生徒が野原のコインを奪っていき、エイトたちは中間考査開始早々、コイン残り一枚という圧倒的危機に追い込まれる。

 

スポンサーリンク

感想

制服の多機能性に脱帽です。
防御力強い上に変形自在とかすごすぎる…。
あやめの早着替えもあって目にも楽しい回でした。

次回は、能力3割減のアイスマンの仕事ぶりや、聖の不穏な気配も気になるところですね。

コメント