モンキーピーク第106話ネタバレ 安斎が発見したもの…

モンキーピーク
スポンサーリンク

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

モンキーピーク第105話ネタバレ。林と長谷川の関係とは
今回は、モンキーピークの第105話について 書いていきたいと思います。 モンキーピークの第105話は、 林と長谷川の関係について、 衝撃の事実が判明しま...

 

今回は、モンキーピークの第106話について書いていきたいと思います。

モンキーピークの第106話では、安斎がある物を発見します…
更には、早乙女たちも新たな人物と出会うなど、目が離せない展開の一話になっているようです。

 

スポンサーリンク

・安斎が発見したもの

安斎は、梯子が落とされていて、反対には下りていけないことを知って、猿を警戒しながら一人で歩き回っています。

 

すると、猿には出会いませんでしたが、ある物を見つけたのでした。

 

それは、厳しい山の中で休むのには最適な、石室なのでした…

 

安斎は、恐る恐る扉を開けて中の様子を見てみると、
布団が敷いてあり、使ったばかりの様子のカップも置いてあるのでした。

それを見た安斎は、
「あいつらか…」
と呟くのでした…

 

スポンサーリンク

・新しい出会い

一方で早乙女と佐藤、林の3人は、
山頂や巻き道、そして三ツ倉口と書いてある、方向を示す看板を見つけます。

 

3人の目の前には、
岩砕があり、どの道を行くべきか迷っています。

すると、林がある物を見つけました。

それは、遠くから早乙女たちの姿を見つけて、
叫びながら近づいてくる男の姿なのでした…

 

「良かった人だ!助かった~」

と、安心したような表情を見せるその男は、田畑と名乗りました。

 

田畑は、自分は大学生だと言い、
ここに辿り着くまでの経緯を話し始めます。

田畑が説明するには、昨日の朝に三ツ倉の方から登ってきたと言います。

山頂下の石室で一泊して、今朝岩砕山の頂上にいたら、警察に危ないから帰るように言われたといいます…

 

 

そして、とりあえず石室まで戻って、昼寝をしていたところ、
凄い音がして、様子を見てみると、
猿がいたというのでした…

 

三ツ倉川の梯子を壊されて、
そちら側に降りることは出来ないので、こちら側に歩いてきたというのでした。

そんな田畑の話を聞いていた佐藤は、早乙女と目を合わせて、訝しげな空気を出しています。

 

佐藤と早乙女は、田畑と名乗る男を信用していいかどうか、
決めかねているのでした…

 

スポンサーリンク

・感想

モンキーピークの第106話では、
安斎が石室を見つけるという展開になっています。

そして、早乙女たちも新しく男と出会うことになります…

田畑の言うことを聞けば、
田畑は猿に怯えて、警察に注意されて、引き返してきた可哀想な大学生のようですが、
実際には山頂の方に警察がいるのか、
猿が梯子を壊したという証拠はあるのか、などの怪しげな情報がたくさんあります。

 

 

また、田畑と出会ってからの林が、
一言も喋っていないのも気になる所です…

コメント