ガンニバル第33話ネタバレ。後藤洋介の葛藤

ガンニバル
↓ネタバレじゃなく、コミックでガンニバルを読む!↓

ガンニバル

前回のあらすじ

前回のあらすじはこちらから!

ガンニバル第32話ネタバレ。祭りの準備
前回のあらすじ 今回は、ガンニバルの第32話について 書いていきたいと思いまガンニバルの第32話では、 狩野家の脅しに対して、 とりあえず大...

 

今回は、ガンニバルの第33話について書いていきたいと思います。

ガンニバルの第33話では、
祭りの開催に向けて、供花村では
より一層の準備が進んでいきます。

本番が近付くにつれて、
恵介の悩みも大きくなっていき…

と、次に繋がる一話になっているようです。

 

・集う後藤家の人々

供花村の祭りの開催に向かって、
後藤家の人々は一堂に会しています。

そんな後藤家の人々の前には、
皆が恐れて尊敬する後藤銀がいます。

そして、後藤家の人間に向かって、
色々と説いているのでした。

 

その内容は、
「人間というのは所詮は肉片に過ぎない。それなのに、様々な情を持つから人間に見えるのであって、後藤家では、後藤家の人間こそ人間の仲間だ」
というのでした。

 

突拍子もない考えだという風に思えますが、後藤家の人間たちは食い入るようにしてそんな話を聞いています。

 

そして、後藤銀はこう続けます。
「すべては家族の為、後藤家の為だ。自分の考えなどというものを持つな。家族に従えないものは、自ら死を選べばいい」
と。

 

そんな話を思い出しながら、
今年から食人用の子供の番を任されて体を洗ったり、食事の管理などをしたりしている後藤洋介は、悩んでしまっています。

 

「俺だってわかってるよばあちゃん…でも、もうわからなくなってしもうた」
と独り言を漏らして、なかなか子供を清める手が進まずにいるのでた。

そんな後藤洋介の様子を心配した、
兄弟の二人は山で話し込んでいます。

 

「どうだ。洋介には務まりそうか」
「どうだかな。でも、乗り越えてもらわなきゃ困る」
などと、会話しているのでした。

 

そして、
「でも、万が一の時は…」
「分かってるよ。裏切り者を出すわけにはいかないからな」
と、拳銃を構えるポーズで、
撃ち殺すフリをするのでした。

 

・村人たちの高揚

一方で、村人たちもいつものように集まっては、祭りの準備と称した飲み会に高じています。

 

「飲んどるかぁ駐在!」
と、さぶさんは阿川の様子を気にしながら、自分はどんどん飲み進めています。

すると、
「暗くなってきたのう。そろそろ始めるか、試し焚き」
とさぶさんがひと声かけます。

 

すると、村人たちが動き始めて、
人型のオブジェクトを運んできます。

なにが始まるのかと不安になっている阿川に、ある青年が話しかけます。

 

「この村ではそもそも本当の人間を捧げていたと説明しましたね」
「これから始まるのは、それが形を変えたものです」と。

 

そして、阿川に向かって、
「よそから来た貴方にはどう映りますか。これが供花村の人間が、後藤家が、過去の伝統の中に生きているということを示しています」
と、これから起こることの恐ろしさを暗示してきます。

 

そして、
「僕は思うんです。それは呪いではないかと…」
と続けるのでした…

 

・感想

祭りに向けての準備が進む一話になっています。
しかし、洋介の葛藤、村人たちの高揚など、祭り本番に向かって色々と動きだしそうな展開になってきました…

 
 
U-NEXT

 

U-NEXTを使えば、ガンニバルも無料ポイントで1巻分、タダで読むことができます!

 

緊迫感を、ぜひ画像つきで楽しんでみてください。 

 

ガンニバルをU-NEXTで読む! 

 

U-NEXTは1ヶ月無料のトライアルをやっていて、600円分のポイントがすぐにもらえます。

 

解約もかなり簡単で、無料トライアル中に解約しても違約金がありません。

なので、一度試しに使ってみるのも面白いかもしれません!

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

↓ネタバレじゃなく、コミックでガンニバルを読む!↓

 

ガンニバル
だんだん育つログ

コメント