白竜HADOU第129話ネタバレ

白竜HADOU

今回は、白竜の第129話について
書いていきたいと思います。

白竜の第129話では、
京都を舞台にして物語が進んでいきます。

また、白竜と清乃の恋模様も描かれているなど、
目が離せない回になっているようです。

 

スポンサーリンク

・京都紅蓮会との過去

白竜は京都の町を清乃と一緒に歩いています。
そんな二人の目の前からは、
京都紅蓮会のメンバーが4,5人で近付いてくるため、
清乃はこのまま行ったらただでは通れない、
と、白竜を止めます。

しかし白竜は、
全く気にする様子も見せずに、
「気にするな」
と言って歩き続けます。

すれ違う瞬間、何かが起こってしまうのではないか
と考えていた清乃でしたが、
実際は京都紅蓮会のメンバーが白竜を避けるように
通り過ぎていくのでした。

京都紅蓮会の若い衆は、
「このまま復讐も出来ないなんて悔しい」
と、ケンカをしたかった様子ですが、
兄貴分が止めるのでした。

というのも、ある夜、
京都紅蓮会と六本木黒須組のメンバーで、
小さなケンカがありました。
小さいケンカとはいえ、
京都紅蓮会のメンバーは怪我を負わされたため、
兄貴分たちが白竜たちのいる
六本木黒須組を訪れました。

「うちの若い衆だけ重傷でこのまま終わらせるわけにいかない」
という京都紅蓮組でしたが、
「ちょっとした争いだけじゃないですか」
と、白竜になだめられそうになります。

 

すると、
「うちの組員だけケンカを吹っ掛けられて、重傷を負わされたんや」
と凄む京都紅蓮会。

しかし、白竜はテーブルの上の拳銃を掴むと、
「どうしてもって言うならこのままドンパチやってもいいんですぜ」
と、京都紅蓮会に向けて拳銃を差し向けます。

すると、
「穏便に済ませたかったのはわしらも一緒や」
と言って、退散していく京都紅蓮会だったのでした。

そんなことがあってから、
京都紅蓮会のメンバーは白竜を恐れ、
近付こうとしないのでした…

 

スポンサーリンク

・二人の恋

清乃と白竜は、歩いてホテルに辿り着き、
ベッドの上で良いムードになっています。

しかし、清乃のスマートフォンが鳴ると、
清乃は白竜に謝りながら、
その場を後にします。

行き先は、京極院の所であり、
京極院から好きなように体を触られ、
好きなようにされてしまうのでした…

後日清乃は白竜に対して、
私は白竜とは付き合う資格もないような過去のある女で、
このままでも辛いから、どうか別れを告げてください
と言います。

しかし白竜は、
「この年になって色々なことがない方が難しい」
「どんな運命でも、意思によって変えることが出来る」
と、清乃の手を取って慰めるのでした…

 

スポンサーリンク

・感想

白竜の恋も覗き見ることが出来て、
面白い一話でした。
しかし、京都紅蓮会はこのまま黙っているのでしょうか…

⇩ebook japanで読める無料漫画⇩

 

 

 

 

新刊漫画を実質無料で?

お得な電子書籍はこれだ!

 

最近発売された、読みたい漫画の新刊!

なんとか電子書籍でお得に読めないものかなぁ…

というお悩みをお持ちではありませんか?

実は、電子書籍業者もかなり猛キャンペーンを実施していますので、

かなりお得に漫画を読むことができるんです。

 

お得に漫画を読める電子書籍サービスで特にオススメなのが

①U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルを31日間体験する

②ebookjapanで半額クーポンを活用

という2つの方法です!

 

 U-NEXTebookjapan
無料登録の特典600ポイント初回半額クーポン付 (500円まで)
無料体験 期間31日間なし
月額料金 (税抜)1,990円なし
漫画の購入方法毎月1,200ポイント付与。 ポイントは漫画購入に使える。都度購入
漫画 掲載数32万冊以上60万冊以上
無料作品数雑誌70誌以上2,000作品以上
サービス内容○映画やドラマ、雑誌は見放題

○漫画は追加支払いか、毎月の無料ポイントで読める

★購入額の40%はポイントバック

○漫画買い切りタイプ

☆本棚機能あり、漫画をコレクションできる

☆ソフトバンク、ワイモバイルのポイント還元がやばい

☆Tポイントがたまる、使える

こんな人におすすめ!

☆漫画も動画も見たい方

★漫画を無料ポイントで色々読みたい方

☆漫画に特化!

無料作品含めとにかくお得に読みたい方

 

特にU-NEXTは中途解約も簡単で、ポイントを使用した後でも違約金は完全に0円です!

まずは、無料お試しを体験してみませんか?

 

U-NEXTの無料トライアルで漫画を読む

 

ebookjapanで無料漫画を読む

白竜HADOU
だんだん育つログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました