『ガンニバル』第12話ネタバレ!後藤との戦い

ガンニバル

週間漫画ゴラクに連載されている
ガンニバルの最新話である12話について、ネタバレを書いていきます。

 

2018年10月から新連載が始まった
ガンニバルですが、
供花村という村に配属された警察が
行方不明になっており、
新しく配属になった警察も
命を落とす危険に瀕することになりながら、

供花村でよそ者を排除しようとする後藤家と向き合うことになるという、
スリリングなホラー漫画になっています。

 

スポンサーリンク

・後藤睦夫との戦い

駐在員の阿川は、鑑識の医師と連絡を取ろうと、
ケータイに電話をかけるが、全然繋がらずにいる。

その理由は、鑑識医の中村さんは、
後藤睦夫と一緒にいて、自由に身動きさせてもらえないからだった。

更に、後藤睦夫は中村に指示を出し、
阿川を呼び出させることにする。

中村さんのところを訪ねてくると行って、
出かける阿川。
送る役を務めてくれている若い警官と話していると、
向かいからトラックが正面に向かって突っ込んでくる。

間一髪でかわした2人のもとに、
ライフル銃を持った後藤睦夫が近付いてくる。

こちらも拳銃を取り出して、応戦しようと
構えていると、後藤睦夫は、

「勘違いすな。自首しにきたんや」

と言いながら、両手を揃えて出し、
手錠をかけるように言うのだった…

 

スポンサーリンク

・署長との会話

阿川は後藤睦夫が自分を呼び出させる計画を立てているとは知らず、
警察署で所長と話をしている。
喫煙所に誘われた阿川は、
自分の前任者が後藤家を訪ねた後から行方不明になっていること
などを踏まえて、後藤家が大きく関わっていると考えていること。
その調査中に自分も殺されかけたことなどを告げる。

署長は阿川の話を聞くと、
この村では後藤家とは関わりを持たないことは
常識だと諭される。
阿川にはこの件から外れてもらうから、
あまり深入りするなと…

そんな署長との会話を終えて、
家族に、この件の担当を外れることになったと
説明する阿川。これ以上の心配はかけられないと言う。

阿川の妻も、

「死なないでね」

などという言葉をかけ、家族が安全な日々を取り戻す
予想が出来る展開になっています。

U-NEXT

今回、ガンニバル第12話のネタバレを書きましたが、省略しているシーンも多々あります。

臨場感の面でも、絵を一緒に見ていただくのが一番。

 

U-NEXTを使えば、今回の12話を収録したガンニバルの第2巻

(2019年5月20日発売、第10話~第19話が収録されています)の電子書籍も、無料で読むことができます。

緊迫感を、ぜひ画像つきで読んで楽しんでみてください。 

 

ガンニバル2巻をU-NEXTで読む!

 

U-NEXTは1ヶ月無料のトライアルをやっていて、600円分のポイントがすぐにもらえるんですよね。

 

実は解約も簡単で、無料トライアル中に解約しても違約金がありません。

なので、一度試しに使ってみるのも面白いかもしれません!

 

※本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

・12話を読んでの感想

阿川が若い警察と共にパトカーに乗っているところを、
後藤睦夫に襲撃されるなど、
スリリングな展開が続いている最新話。
相変わらず後藤家の恐怖に、
油断してはいけないと気が引き締まるような思いになった
というのが感想です。

また、署長との会話の内容では、
後藤家をあまり深く追わないことや、
この件の被害者として、少し身を引くことなどが
提案されて、今後は身の安全が保障されてくるのかな、
と、少し安心感を持ったというのも
正直な感想かもしれません。

しかし、トラックで突っ込んできながら、
手錠をはめろと両手を差し出す後藤睦夫。
この辺りの動きは猟奇的過ぎて、
まだまだ安心できないというのが
正直な感想です。

後藤家との戦いはこれからどんな形に
変化していくのか…
終わりを迎えて、平和に過ごすことは出来るのか…
この先も目が離せない展開になっています。

コメント