【ドメスティックな彼女】第216話ネタバレ!「じゃあね…」 31.1.23掲載分

ドメスティックな彼女

ドメスティックな彼女第216話のネタバレ記事になります。

前回のあらすじは、お互いのことを想い過ぎたうえに、すれ違いからケンカをしてしまった夏生と瑠衣。

お互いの気持ちを伝えあい、仲直りをしたはずだったのに、旅立つ前に瑠衣から別れようと告げられた夏生。

ここから216話のネタバレです。

 

スポンサーリンク

1.突然の瑠衣の言葉に動揺する夏生

 

瑠衣に何て言ったのか聞きなおす夏生。
別れようと告げる瑠衣。

そんな瑠衣に対して、わからないと困惑する夏生は、チョコを渡した意味や仲直りは何だったのかと。
小説が書けなくなったことを、瑠衣に相談しなかったことが許せないのかと聞きます。

首を振る瑠衣でしたが、精神的な負担になりたくないのは、自分も同じだと夏生に言います。
そして小説をかけなくなったことを、芹沢に相談してたことが悔しくて悲しかったと。

お互いが負担になっていると、瑠衣は夏生に気持ちを伝えます。

そんな瑠衣に対して、小説がなくなった自分には瑠衣しかいない。
心の支えは瑠衣しかいないから、別れたくないと懇願します。

 

小説を書けなくても夏生は好き。
だけど、小説を失った穴を埋めるのは私では無理だと瑠衣は夏生を説得します。
そして恋人という関係から家族に戻ろうと伝えます。

それでも別れたくない夏生は、なんとかしようと思ったが、覚悟を決めた瑠衣の顔を見て崩れ落ちます。

 

スポンサーリンク

2.夏生と瑠衣の最後の時間

 

アメリカに戻る瑠衣を、空港まで家族で見送りに。
夏生を気にする瑠衣は、飲み物を買いに行こうと誘います。

恋人じゃなくても家族だから、何かあったら連絡してと伝える瑠衣。
そして瑠衣は、時計を夏生に返します。
もう一緒にはいられないから。

 

本当はネックレスも返すべきだけど、お守りとして持っていたいと。
本当の別れを痛感している夏生は、ずっと沈んだ顔をしています。

 

それに見かねて瑠衣が、そんな顔しないでと伝えます。
最後は笑顔で別れたいというものの、瑠衣の目にも涙が…。

 

夏生をギュッと抱きしめた瑠衣は、一緒に過ごした時間は無駄になるのと、夏生に聞きます。
瑠衣の言葉に、夏生は瑠衣との楽しかった出来事を思い出します。

 

そして言葉にはできない想いがこみ上げ、首を横に振ります。
そんな夏生を見た瑠衣は、笑顔で喜び、好きになってくれてありがとうと伝えます。
そしてじゃあねという言葉とともに、最後のキスを…。

 

瑠衣と最後の別れを終え、電車の中でうなだれる夏生。
そんな夏生を心配そうに見つめる陽菜が。

 

スポンサーリンク

3.今回の感想

 

今回のドメスティックな彼女は、思いもよらぬ衝撃展開でしたね。
まさかこのまま夏生と瑠衣が終わってしまうとは…。

確かに遠距離になって、すれ違いから関係がギクシャクしてしまうというのはよくあります。
ただ、夏生と瑠衣の場合は、お互いの気持ちを伝えあって、仲直りしたはずだったんです。

夏生も瑠衣に別れを告げられるまでは、まさかこんな展開になるなんて予想もできなかったでしょう。
夏生があそこまで必死にすがる気持ちが痛いほどよくわかりました。

 

その反面、瑠衣の気持ちもわかってしまうから困ったところですよね。
夏生のことを想って、しっかりと考えた末に出した結論ですからね。
瑠衣も相当悩んで苦しんだことだと思います。

そんな想いが、最後の別れのシーンの涙に繋がったのではないでしょうか?

あとは小説も瑠衣も失った夏生が、これから先どうやって立ち直っていくのか。
次回からはここがメインテーマになっていくでしょうね。

 

そして一番のキーパーソンとなるのが、陽菜ではないでしょうか?
まだ夏生のことを想っている陽菜だけに、傷ついた夏生を放っておくことはできないと思います。

それに夏生と瑠衣が別れたことで、自分の気持ちを抑えなければいけない理由がなくなりましたからね。
あとはそんな陽菜の気持ちを、夏生がどう受け止めるのかでしょう。

 

夏生と瑠衣が別れてしまったことは、非常に残念です。
ただ、この後どんな展開が待ち受けているのか、非常に楽しみですね!

コメント